薬剤師単発派遣

単発・スポット

ゴールデンウィーク・お盆・年末年始の薬剤師単発派遣

投稿日:

GW・お盆・年末年始 連休中の薬剤師単発派遣

薬剤師単発派遣、ゴールデンウィーク・お盆・年末年始など大型連休、長期休暇の時にも求人を探すことが出来ます。

⇒ ファル・メイト

⇒ アプロドットコム

といった薬剤師派遣会社は単発派遣にも強いですね。

副収入、収入アップのために連休を利用してバイトをしたい、そうお考えになる薬剤師さんも多いのではないでしょうか。副業をする薬剤師の方は多いです。

薬剤師のダブルワークを考えた場合、1日単位でアルバイトをすることが出来る単発派遣はオススメの働き方です。

ゴールデンウィーク・お盆・年末年始と3つある大型連休、この時期にも開局している長期薬局、ドラッグストアなども多いです。

連休中に単発でアルバイトをして高収入を得るために、薬剤師単発派遣を見つける方法をご紹介します。

ゴールデンウィーク・お盆・年末年始の薬剤師単発派遣

薬剤師単発派遣に強い、アプロ・ドットコム

3回ある大型連休、ゴールデンウィーク・お盆・年末年始と、それぞれにお休みがもらえる薬剤師の方も多いと思います。

休日を利用して収入アップしたい、お小遣い稼ぎをしたい、生活費の足しにしたい・・・など、薬剤師単発派遣で働く理由はそれぞれあると思いますが、短期バイト、単発バイトをするにも連休中はピッタリな時期ですよね。

今は年中無休の調剤薬局、ドラッグストアもあります。

当然、そうした調剤薬局やドラッグストアでは正社員が中心となってパート・アルバイトの薬剤師でお休み中もシフトを回していきますが、やはり休みたい!という希望が多くなります。

特にご家庭のあるママ薬剤師の方は帰省や旅行など、家族の予定も入れたいですし休みの希望を出される方も多いでしょう。

まあこれは男性も同様ですね。
ご家庭のあるスタッフの場合、ゴールデンウィーク・お盆・年末年始など大型連休は「どうしても休みが欲しい日」がありますよね。

最近では年中無休、365日営業している調剤薬局、調剤併設のドラッグストアも多くなってきています。

連休中に働ける薬剤師へのニーズも高くなっているといえます。

特にドラッグストアは連休中こそ書き入れ時、ポイントアップなどを行って集客することも多いですね。

そうしたゴールデンウィーク・お盆・年末年始など連休中も営業する調剤薬局やドラッグストアがあるため、短期バイト、単発バイトで働いて稼ぎたい、という薬剤師が収入を得ることが出来ます。

休日を利用して日給2万4千円など得られると、副収入としても大きいですよね。

大型連休、長期休暇でも見つかる薬剤師単発派遣

薬剤師が単発派遣で働く魅力は高時給を得られることです。

大型連休中も開局、営業を行っている調剤薬局やドラッグストアが多いからこその働き方、といえます。

単発派遣は就業期間が1ヶ月以内という短期の働き方のことを言います。

1日単位から2,3日くらいの短期間だけ募集されるお仕事も多いです。

様々な業種で繁忙期だけスタッフを増やして対応したい、時々発生するイベント時だけスタッフが必要、といった場合に単発派遣として募集されます。

薬剤師の単発派遣の場合には1日のみの求人が多く見られます。

調剤薬局やドラッグストアで働く正社員、パートの薬剤師が病気、家庭の事情などで急にその日だけ欠勤となった場合など。

薬剤師が不足すると業務に支障をきたすこともあるため、どうしてもその日は薬剤師を確保したい、といったことから単発派遣で薬剤師の派遣依頼を派遣会社に行うケースです。

大型連休の場合、早々に予定を入れるスタッフも多いですし帰省や旅行中であれば、急にシフトに入ってもらうことも無理ですよね。

「帰ってきてシフトに入って!」

なんて上司がいたら絶対イヤですよね・・・。

長期休暇を利用してダブルワーク、予定の無い空いた日を活用して副収入を得たい薬剤師、人手不足で薬剤師を確保したい調剤薬局・ドラッグストア。

双方をマッチングしてくれるのが、薬剤師を専門とする派遣会社となります。

最短で1日のみ勤務可、といった薬剤師求人が多いですから都合の良い日だけ働いて収入を得ることが可能です。

人手不足になるゴールデンウィーク・お盆・年末年始こそ高時給、稼ぎ時!

人手不足になりやすい大型連休、ゴールデンウィーク・お盆・年末年始こそ相場以上に高時給での単発派遣の薬剤師求人が多くなる時期です。

単発派遣で薬剤師を募集する職場は、深刻な人手不足になっている職場、といっても良いでしょう。

他のスタッフをその日に手当できないために単発派遣の薬剤師を募集しています。

単発派遣でも薬剤師が確保できないと困るため、より確実に応募を集めるために高時給となりやすいため大型連休の単発派遣は高時給の求人が多くなるのですね。

東京都内や大阪などの場合、時給2,800円でも高時給といえますが、人手不足になりやすい大型連休は時給3,000円以上の単発派遣の求人も増えてきます。

地方に行くとさらに薬剤師の確保が難しくなるため、時給4,000円以上の単発派遣もあるくらいです。

時給4,000円だと1日8時間働くと、日給32,000円です。

1日働いてこれだけの高額な副収入を得ることが出来るのは魅力です。

東京、大阪など薬剤師が多くいる都市部では時給4,000円はさすがに滅多に見られませんが、時給3,000円であればタイミングが良ければ単発派遣で見つかることは十分にあります。

人手不足になりやすいゴールデンウィーク・お盆・年末年始こそダブルワーク、副収入を得たい薬剤師にとって稼ぎ時、といえます。

薬剤師が単発派遣で働くには

薬剤師が高くで働くには、派遣会社を利用して単発・スポットの求人紹介を受けることが必要です。

派遣会社は本当にたくさんありますが、薬剤師という職業を専門として派遣求人を扱っている派遣会社の利用が良いでしょう。

あらゆる業界を扱っている派遣会社は担当者の知識も浅く広くになりがちです。

薬剤師業界ならではの働き方、単発派遣の問題点などもあります。
より深い知識を持つ薬剤師専門の派遣会社の利用がオススメです。

元薬剤師、医療業界経験者のコンサルタントも多く在籍している場合も多いことから、情報共有がしやすいこともメリットといえます。

薬剤師単発派遣の求人紹介にも強みがある派遣会社として、

⇒ ファル・メイト

⇒ アプロドットコム

の2つの薬剤師派遣会社をオススメしています。

また関連記事、

⇒ 薬剤師単発派遣 オススメ派遣会社

でも詳しくご紹介していますので、こちらも合わせてご覧になっていただければと思います。

大型連休。

お休みがある場合、全ての日に予定があるという訳ではないと思います。

1日だけ、2,3日利用してお小遣いを稼ぎつつ、普段とは違う職場でも働いてみて知見を広げたい、他の職場でも働いてみたい、といった場合には単発派遣の働き方はピッタリです。

-単発・スポット
-

Copyright© 薬剤師単発派遣 結局どの派遣会社がオススメ? , 2019 All Rights Reserved.