好条件の薬剤師バイト

単発・スポット

薬剤師 日曜日のみバイト求人

投稿日:

日曜日のみ薬剤師求人

ダブルワーク・掛け持ちバイトを希望されている薬剤師さん、介護や事情などがあり週末しか働きに出ることが難しい薬剤師さん。
子育てが忙しく週末・日曜日くらいしか働きに出られないママ薬剤師の方などに向いているのが日曜日のみ働く薬剤師求人です。
日曜日にも開局している調剤薬局、年中無休で営業するドラッグストア(調剤あり)なども増えています。
ここでは日曜日のみ薬剤師求人を見つけるために活用をオススメする、薬剤師転職サイトをご紹介しています。

日曜日のみ薬剤師バイト求人

最初に申し上げますと、日曜日のみ薬剤師のバイト求人は希少です。

薬剤師求人を全体で見ますと、週末に働ける薬剤師のバイト求人としては、土曜日の方が圧倒的に多いです。

しかし、日曜日も開局している調剤薬局もありますし、年中無休のドラッグストアも多いです。

求人数は少ないながらも日曜日に働ける薬剤師の採用に関しては、一定のニーズがあります。

多くのママ薬剤師の方がパートでも勤務をしていますが、土日は基本的には「休みたい」薬剤師さんが多いです。

平日、子供が学校に行っている間に働きたいというニーズが強く、家族がそろう土日など週末、祝日は休みたいという希望を出されるママ薬剤師さんが多いためです。

週1日だけの薬剤師パート・アルバイトの求人は見つけにくいです。
特に平日で働こうと思うと、他にレギュラーで働く薬剤師さんがシフトに入れるために難しいのですが、土曜日、日曜日で探すのであればまだ狙い目と言えます。

週1日の薬剤師パート・アルバイトで働きたい場合、人気が無い日曜日のみ求人などは狙い目です。

都合の良い日曜日のみ、薬剤師単発バイトから探すには

日曜日のみ薬剤師求人を探したい、といっても都合の良い日、単発でアルバイトをしたいという薬剤師さんも多いと思います。

毎週、日曜日に働くとなるとちょっと大変かも・・・
1日だけ、時々都合の良い特に予定のない日曜日にだけ働きたい、といった場合には、薬剤師単発バイトで探す方法がオススメです。

薬剤師 単発・スポット求人の紹介にも対応している会社としては、

⇒ ファル・メイト

⇒ アプロドットコム

がオススメとなります。

日曜日のみ薬剤師求人は希少なので、もし通勤可能なエリア内に単発バイトが見つかった場合には、お早めに仕事内容などをご確認のうえ、お申し込みをされることをオススメいたします。

短期・長期、薬剤師パート・バイト求人で探すには

ある程度、長い期間で日曜日に調剤薬局やドラッグストアでパート・アルバイトとして働きたい、といった場合には「週1日勤務OK、応相談」の薬剤師求人を探す必要があります。

週1日勤務は基本的には難しいのですが、人気の少ない週末、日曜日などのピンポイント勤務であれば見つかる可能性が高くなります。

多くの薬剤師さん、特にご家庭のあるママ薬剤師の方は週末はお休みにしたい希望がある場合が多いためですね。

自分のパート勤務があるから家族で遊びに行けない・・・といった不満を持つママさん薬剤師は多いと思います。
(我が家もママだけ週末仕事があると、子供たちからもひんしゅくを買います)

週1日のみ、日曜日のみ勤務可といった薬剤師求人をお探しになる方法としては、次のような薬剤師パート・アルバイト求人が非常に豊富な薬剤師転職サイトを活用されると良いでしょう。

⇒ 薬キャリ(エムスリー)

⇒ ファルマスタッフ

日曜日のみ薬剤師求人をお探しになる場合、自分で条件を設定して探しても見つかりにくい場合があります。

こうした転職サイトにご登録後、コンサルタントに探してもらう方法が楽でオススメです。

場合によっては勤務の希望条件に沿った求人を複数提案してもらえますから、どれが一番ピッタリの働き方ができるのか、求人を比較して応募を検討することが出来ます。

週1日のバイトなら、調剤無しでも良い場合

薬剤師さんによって日曜日のみ、1週1日のパート・アルバイトの仕事内容にもこだわりたい方もいらっしゃるかもしれません。

調剤や投薬業務をしたいという場合もあるでしょう。

逆に、特にそうした仕事へのこだわりは無く曜日優先、週1日に働ける職場ならある程度どこでも良い、といった「働けること優先」の薬剤師さんもいらっしゃると思います。

その場合には、職場探しはこだわって探すよりも探しやすくなるといえます。

ダブルワークで週1の日曜日の薬剤師求人をお探しになっている場合は、普段の薬局で勤務されている場合医にはダブルワーク先ではOTCのみで良い、といった薬剤師さんも多いかもしれません。

ドラッグストアでもOTCのみの店舗の方が多いですし、薬剤師がいなければ第一類医薬品を販売することが出来ません。

そういった意味でも、薬剤師の需要が高いですから日曜日に週1で働くことができるパート・アルバイト先が見つかりやすくなるといえます。

調剤薬局は日曜日が休みのところがやはり多くなりますから、求人数も少なくはなってしまいます。

ブランク防止のために調剤ありの週1日薬剤師バイト求人を見つけたい場合

週1日の薬剤師バイト、働く理由として収入アップもありつつ、ブランクによる技術や知識の低下を防ぎたい、といった目的もある薬剤師の方もいらっしゃると思います。

本格的に復職するのは子供が幼稚園や小学校に入学してから。
今はブランクが完全に空いてしまわないように、週1ペースで無理なく働きたい。
あまり忙し過ぎない職場で調剤などもしていきたい。

といったような働く目的をお持ちのママ薬剤師さんもいらっしゃるかと思います。

パート・バイト先をお探しになる際、希望条件が多くなるほど自分では求人を見つけるのが難しくなっていきます。

自分で直接応募出来るタイプの求人サイトも多いですが、上記のような条件では、求人を探してみても自分ではうまく見つけられないのではと思います。

薬剤師専門の転職サイトにご登録をされて、担当コンサルタントに条件に当てはまる職場、薬剤師求人を探してもらうほうが効率良くお仕事探しができると言えます。

日曜日の薬剤師バイトは、掛け持ちにピッタリのアルバイト

週1、日曜日に探す薬剤師バイトは、掛け持ち・ダブルワークにもピッタリの働き方となります。

本業のお休みがシフトだとしても、日曜日は固定で休み、といった薬剤師さんは多いのではないでしょうか。

ダブルワークのためにシフト調整に悩むことが無いのは、無用なストレスを増やさなくて良いということになります。

パートや派遣に掛け持ち、といった場合にも同様です。
薬剤師の職場としては、日曜日は固定で休みの職場は多いといえます。

それに薬剤師は高時給です。
時給2,500円など高時給のバイト先が見つかれば、日給2万円など稼ぐことができます。
月収8万円を単純計算で上乗せできれば、年収では約100万円のアップを実現することも可能です。

100万円年収が増やすのは、なかなか大変です。

週1、日曜日にパート・アルバイトとして働くことでしっかりと高収入を得ることが可能です。

薬剤師 日曜日のみバイト、まとめ

この記事では、週1日曜日のみ薬剤師バイト求人を探すための求人情報源として、次のような転職サイトをご紹介しました。

薬剤師 単発・スポットで日曜日の求人を探す

薬剤師 単発・スポット求人の紹介にも対応している会社としては、

⇒ ファル・メイト

⇒ アプロドットコム

をオススメいたします。

ある程度の期間、週1でパート・アルバイトを希望される場合には、次のような転職サイトがオススメです。

薬剤師 パート・バイト、週1で日曜日の求人を探す

週1日のみ、日曜日のみ勤務可といった薬剤師求人をお探しになる方法としては、次のような薬剤師パート・アルバイト求人が非常に豊富な薬剤師転職サイトを活用されると良いでしょう。

⇒ 薬キャリ(エムスリー)

⇒ ファルマスタッフ

条件的には複数の薬剤師転職サイトを活用された方が、求人情報を得やすいといえます。

ぜひご活用になってみてください。

-単発・スポット
-,

Copyright© 薬剤師単発派遣 結局どの派遣会社がオススメ? , 2019 All Rights Reserved.