薬剤師 掛け持ちバイト

単発・スポット

薬剤師 掛け持ちバイトで高収入を得る方法

更新日:

薬剤師 掛け持ちバイトで収入アップ

薬剤師として働きつつ、収入アップをしたい場合、高収入を得たい場合には掛け持ち・ダブルワークをする方法があります。
パート・アルバイトで働く薬剤師さん、派遣で働く薬剤師さんも掛け持ち・ダブルワークしている方はいます。
また正社員として働く薬剤師の中にも副業として掛け持ちバイトしている方もいます。
週1日週末に掛け持ち、夜間バイト、単発派遣で働くなど様々な掛け持ち・ダブルワークの働き方があります。
薬剤師 掛け持ちバイトで高収入を得る方法について掲載しています。

薬剤師のバイトを掛け持ちして、収入アップ

掛け持ち薬剤師バイト
薬剤師のバイトを掛け持ちして収入アップをすることは可能です。

掛け持ちバイトをするための求人も、多数あります。

「今の職場のシフトがだんだん減ってきたので、掛け持ちバイトで補填したい」

「シフトを増やしたいと相談したが、無理、と言われてしまって」

「年収が頭打ち。もう少しお金がないと色々と支払が辛い。ダブルワークで収入アップをしたい」

色々な理由から掛け持ち・ダブルワークを希望される薬剤師さんがいらっしゃいますが、薬剤師さんのバイト掛け持ちは可能です。

実際に掛け持ちバイトされている方は多いです。

人材紹介会社や派遣会社にも、薬剤師の掛け持ちバイトを希望して登録される方は少なくないそうです。

週1日から勤務可。

日曜日のみ勤務できる薬剤師の方歓迎!

といった求人を探すことが出来ますので、ご自身の都合の良い働き方が出来る掛け持ちバイト先をお探しになってみてください。

そのためには、求人数が多い薬剤師転職サイトの活用がオススメです。

掛け持ちバイト向け求人が多い薬剤師転職サイト

週1日、曜日固定、シフトに融通が利きやすい職場、といったことで薬剤師掛け持ちバイト先となる調剤薬局、ドラッグストアなどをお探しになりたい場合には、

⇒ ファルマスタッフ

⇒ 薬キャリ(エムスリー)

がいずれも業界トップクラスの求人数となっており、オススメです。

薬剤師が掛け持ちバイト、ダブルワークする理由

薬剤師が掛け持ち・ダブルワークしたいと考える理由としては、一番多い理由としては、

収入アップ

でしょう。

その次が、

「スキルアップ」

となるでしょう。

薬剤師ダブルワークで収入アップ

薬剤師求人の中には「ダブルワーク可」の求人が少なからずあります。

週1日以上勤務可、週2日以上相談可、日曜日勤務可能な薬剤師さん歓迎、など様々な求人への書かれ方があります。

単発派遣で1日だけ休日を利用して働く方法もあります。

薬剤師の時給は高いです。

他の職種と比較して時給が1,000円以上高いですから、1日は単発でアルバイトをするだけでも高収入を得ることが可能です。

例えば、時給3,000円の単発派遣で8時間の勤務だと、日給は24,000円となります。

薬剤師不足が続く状況の中で、どうしてもこの日薬剤師がいないと困る!と単発派遣・スポットで派遣会社に薬剤師の派遣依頼をする調剤薬局などは多いです。

休日を利用して働きたい、といった場合にもお仕事は見つけやすいといえます。

月に2回、単発派遣で働くだけでも年収で50万円以上のアップになりますよ。

24,000円(日給) × 2日 = 56,000円(月収)

56,000円 × 12 = 576,000円

薬剤師ダブルワークでスキルアップ

メインとなる職場とは違う仕事内容の職場で働くことで、薬剤師としてスキルアップをすることが可能です。

パート・アルバイトの薬剤師は様々な職場で募集されていますよね。

病院、調剤薬局、ドラッグストア、診療所や企業などでも募集されていることもあります。

仕事を掛け持ちすることによって、新たな経験を積むことが出来ますから、スキルアップに繋がります。

単発派遣で働く場合にも、新たな職場で働くことは仕事への取り組み方も異なるため、経験が積める場合も多いでしょう。

掛け持ち・ダブルワークをするのは収入アップが主な目的、という薬剤師さんは多いと思いますが、副次的なものとして「スキルアップ」もお考えになっている方も多いのではないでしょうか。

スキルアップも出来そうな職場、として求人をお探しになる薬剤師さんも多いでしょう。

薬剤師の収入アップ、単発の派遣バイトでも可能

薬剤師として収入アップを実現する方法としては、単発派遣バイトで働く方法が一番選ばれるのではと思います。

土曜日、日曜日など週末の休日、ゴールデンウィークやお盆、シルバーウィーク、年末年始などの連休で予定が無い日を利用して単発派遣で働く。

1日だけの単発での派遣やバイトといった求人を探して働くことで掛け持ち・ダブルワークは可能です。

1日単位、単発派遣に対応している薬剤師派遣会社を利用して求人紹介を受けることが必要ですが、

⇒ 薬剤師単発派遣 オススメ派遣会社

でご紹介しているような単発で働ける薬剤師求人を紹介してもらえるサイトを利用する方法がオススメです。

薬剤師単発派遣 関連記事

薬剤師単発派遣に強い派遣会社として、

について詳しくご紹介しています。

レア求人、イベントでの薬剤師単発派遣などが見つかることも。

ちなみに、薬剤師単発派遣に強かったクラシスのヤクジョブでは単発派遣のお仕事紹介は終了しています。

掛け持ちバイトする際の求人の応募について

薬剤師求人サイトなどを利用して掛け持ちバイトをお探しになる際、優先して探すべきは「ダブルワークOK」「掛け持ちOK」といった求人となりますね。

中には「週1日から勤務可、曜日応相談」などといった記載の薬剤師求人もあります。

週1日から勤務可能な職場は、掛け持ちバイト先としては最適といえます。

平日に週1から勤務可の薬局やドラッグストアだとなお希少です。

土曜日、日曜日の勤務に関しては人手不足の職場も多いため、勤務が可能であればダブルワーク先は見つけやすくなります。

週1日、週2日といった勤務日数、薬剤師さんによっては夕方~夜間のアルバイトで掛け持ちをお考えになっているかもしれませんね。

希望条件がいくつかある場合には、求人サイトを利用しても自分では条件に合った職場を見つけるのが難しくなってきますので、

掛け持ちバイト向け求人が多い薬剤師転職サイト

でご紹介したような薬剤師転職サイトを活用されて、希望の働き方ができる調剤薬局やドラッグストアなど掛け持ちバイト先をお探しになってみてください。

薬剤師がバイト掛け持ちする際の注意点

掛け持ちバイトをされている薬剤師さんは多いのですが、正社員として働いている場合には、やはり就業規則を確認されることは大切です。

雇用契約の中に、「ダブルワーク禁止、副業禁止」といった内容があった場合、やはりダブルワークがバレたときのリスクを考えると、掛け持ちバイトをして得られる収入よりもリスクの方が大きいのでは、と考えます。

パート・アルバイトや派遣として働く薬剤師さんの場合には、規定は特に無い場合が多く、支障が無ければOKといった働き方となるのではと思います。

掛け持ちバイトをする時にも、忙し過ぎて体調管理が難しくなるほど働くことは避けた方がやはり良いでしょう。

働けば働くほど収入アップにはなりますが、体調を崩してしまっては元も子もありません。

ましてこっそり掛け持ちバイト、という方も多いでしょうから疲労の蓄積からミシが多くなってしまうなども避けたいですね。

-単発・スポット
-

Copyright© 薬剤師単発派遣 結局どの派遣会社がオススメ? , 2019 All Rights Reserved.